適性検査を受けてからレーシック

視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。

 

適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。



適性検査を受けてからレーシックブログ:09月25日

GoodAfternoon!

今日はなんとなく思った事を書きますね

読者様、ちょっと聞いてくれます??

最近、彼女がダイエットを始めたんです。

それに対してはぼくも言うことはない。

けどね、かなりのハマりようで・・・
ボノラートだリケンの玄米コーヒーだ
ダイエットゼリー グレープフルーツ味だ・・・

これも、まぁ許すとしよう。


でも休みの日も映画に出かけよう♪って
言っていても、エアロビスティックをするから、
午後ねって。

旅行行く時も、午後なのか!?って話になって、
ニューカレドニア行く話が出ても、午後からは
絶対エアロビスティックができなくてもヨガを
するって言うんだよね。

正直、なんか行く気がなくなってしまって・・・


ぼくは小さいっていう気もするけどね、
朝から出かけたいときもあるし、別に時間をずらしたり
楽しむ時は楽しんでも良いんじゃないの?って思えるんだよね。

なんか行きたくないかなーとか思ってしまって、
衝突してしまったんだけどね。

融通が利かない性格というか、真面目すぎる性格で
それはそれでわかってはいるんです。

でも、絶対!じゃないし、時には融通を利かせて欲しい
わけで。

時間によって、遊びに行ける範囲も減ってこれば、色々
あるから、友達といけるところは行こうって思うように
なってきた。

目標達成するか、飽きるまでは自分から誘うのはやめて
おこっかなーって思ってる。

旅行もその後でも良いかなーって。。。

喧嘩するのもねー・・・

言っても疲れてしまいそうだし、こんなことで別れ話ってのもね。