老眼治療もレーシックにお任せください

もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 最近、均等に効果を出すことの出来る最新技術のレーシックが注目されています。
モノビジョンレーシックと呼ばれているレーシックであり、遠くと近くがよく見える目を矯正することの出来るレーシックの種類です。

 

老眼鏡というのは「遠近両用メガネ」とも言われているように、遠いところと近いところ両方を見えるようにするメガネです。
モノビジョンレーシックというのは、それと同じ効果を手術をすることによって実現することが出来るのです。

 

モノビジョンレーシックを実施することによって、あなたの生活環境に大きな変化が現れることでしょう。
補助器具であるメガネもコンタクトレンズもいらない、自然体な裸眼生活は快適なものとなるハズです。



老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:06月10日

僕には小学生のむすこがいますが、
軽いハンディがありまして、
そのために療育的な指導というのを受けています。

一週間ほど前、その指導でお世話になっている方と
ゆっくりお話しする機会がありました。

その時に、
「お子様のことで何か困っていることはない?」と聞かれ、
思ったのが、
「学校の参観とか行くと、どうも切ない気持ちになる」
ということでした。

「どうしてそういう気持ちになるのかな?」と聞かれ

僕が答えたことは、
「お子様のハンディは受け入れたつもりだけど、
やっぱり他のお子様たちと比べてしまうから切ないのかな、いや〜でも…」

答えながら、
「うん?なんかしっくりこないなあ、本当の僕の気持ちはどこにある?」
という感覚になりました。
そして僕はしばし黙って考えました。

それから僕は、涙の予感を感じ、
ハンカチをカバンから取り出し、目に当て…

「う〜ん、なんか僕が小学生の時、教室ですごい孤独で…
教室にいる時、僕は本当に孤立無援な感覚でいつもいたんだなって、
今、気がつきました…」
と、話している自分がいました。

だから、机の並んだ教室を見ると、
どこからともなく切ない気持ちが湧きあがってきた…
ということのようです。

孤独で、寂しくて、誰からも助けてもらえないと思い込んでいる
小学生の僕の気持ちが、
「つらいよ〜、僕の気持ちに気付いてよ〜」と、
心の中から訴えてきていた…ようです。

誰にも助けてもらえないと思い込んでいた僕は、
誰にも助けを求めず、結果、周りからは
「しっかりしていて、助けのいらないお子様」に見えていたらしく、
逆に頼られてしまうという、ちょっとキツイ状況が生まれたのかな…
と思います。